ART学習塾経営マニュアル-儲かる学習塾の生徒募集方法と集客方法 1番最初の対策

学習塾を100万円で起業し3000万以上儲かる学習塾(英語塾)の経営戦略マニュアル。

フランチャイズ学習塾(個人塾)を小資金で開業、儲かる学習塾経営の生徒募集方法

5年で6教室を軌道に乗せたバリバリの起業家が教える2013年版最新の学習塾経営ノウハウ!

ART学習塾経営マニュアル

超初級、基本中の基本のSEO

それではここで、偶然にか必然にか、学習塾の集客アップのために、このページを読んでくれたあなたに、超初級、基本中の基本のSEOをお教えします。もし、万が一これができていなくて、SEOだSEMだ売上げアップだという話は、できません。

YahooのロボットSlurpやGoogleのロボットGooglebotがあなたのホームページに訪れた際に一番最初にアクセスするファイル。それは、robots.txtです。もし、このファイルを正しく作成してサーバーにアップロードしていなければ、この説明を参考にしてやってみてください。

robots.txtはサーバー内のアクセス許可に関して情報を記述するもので、これにしたがって、SlurpやGooglebotがあなたのホームページのファイルを収集していきます。

無料のホームページのサーバーやプロバイダーが提供するホームページスペースにおいては、robots.txtは使えませんので、いつまでも、ケチなことはせずに、独自ドメインを取得して、サイトの運営を行ってください。J-naviがお勧めです。

メモ帳を開いて、下記の3行を一番端から半角で記入します。(sitemap.xmlを作っていない場合は、ひとまず、上からの2行を記入します。)「Disallow: 」というふうにDisallow:の後ろに半角スペースを忘れずに。もちろんjuku-keiei.comの部分は、あなたのサイトのアドレスを入れてください。そして、robots.txtと名前をつけて保存して、それを、トップページのおいてあるindex.htmlと同じ階層の場所に、ASCIIモードでアップロードします。

User-agent: *
Disallow:
Sitemap: http://www.juku-keiei.com/sitemap.xml

このように記述しておくと、SlurpやGooglebotは、sitemap.xmlをサイトマップと認識し、ホームページの全ての情報を効率的に収集し、YahooやGoogleで数多くのページが検索対象となりやすくなります。

sitemap.xmlの正しく効果的な作り方はマニュアルでも説明してあります。もし、現段階で、適切なsitemap.xmlの作り方を知っていたら、初級は脱しています。また、robots.txtにSitemap:を記述することを知っていたならば、あなたは中級以上の実力です。

現在地は、

トップページ  > 生徒募集方法  > 1番最初の対策

サイトマップ

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!

Valid CSS1 by W3C CSS Validator

Valid CSS2, 2.1, and 3 by W3C CSS Validator